母の生前整理で着物を大量発掘!京都で高く売るには?

私の着物の思い出、それは成人式で振袖を着た時のことです。

私が着た振袖の色は「からし色」のような黄色でした。

母親に連れられて試着して購入したのですが、私はお手頃価格で済ませたかったので無地のものを選び、25万円くらいのものでした。

その分、帯や小物はそれなりに華やかなものを購入しました。

そう、私には考えがありました。

ふつう成人式と言ったら赤やピンクで柄の入った可愛らしいものをレンタルしたり、もちろん購入したりして着るものです。
そしてその後は着物を着る機会がないので、タンスに眠ったりすることになります。
その上、柄が派手なので袖を切っても、ある年齢になると着れなくなったりします。

しかし、母親に買ってもらった着物を私はずっと着たかったのであえて無地にしたのです。
成人式が終わり、数年経つと袖をリメイクしました。

そうするとこれから先、年を重ねても気軽に着れる訪問着になります。
しかも、洋服と同じでシンプルな着こなしにプラスする小物でバリエーションが楽しめるのです。

草履の鼻緒は赤や緑、青の柄物でも可愛いから、キラキラしたものをいくつか揃えてあります。

友人の結婚式にはもちろん出番です!
母親が「あんた、それ好きね」(笑)
と良いながらニンマリ。

私の家は一般家庭なのでお高い着物や、フォーマルなドレスを何着も買える程裕に裕福ではありません。

ですから、どうしたら両親から買ってもらった着物を末永く着れるか?を考えた結果、こうなったのです。

最初は美容室で着付けてもらっていたのですが、今では自分で着れるようになりました。
ただ、着付けは奥が深いので、かしこまった所へ行くときはやはりプロに着付けてもらうことにしています。

成人式から早、うん10年経ちますが今でも楽しみながら着ています。
自分でてもみ洗いしてるんですよ。
帯には決まりが無いので研究しながら、好きにしていますし、母親にもたまに貸しています。お着物は親子で楽しめるので大好きです。

母も着物が好きなのでたくさん持っているのですが、最近は生前整理をしていて不要な着物を発掘しています。京都で評判の良い着物買取店 はどこなんでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です